毎日を少しずつ良くする

パートしながら考えたことを書き留めるブログです

パート辞めると宣言した時のこと

f:id:masaratea:20220517192720j:image

今日はパートお休みです。

 

引越しに向けて、色々な準備でバタバタしている

ここ2、3週間。

行動して決まったこと(物の購入など)、

これから決めて行くこと、実行する日時など、

夫婦で頭の中がごちゃごちゃにならないように、

ノートにまとめています。

 

会話や記憶だけだと、何か抜け落ちるような気がして(^^;;

ノートにまとめたり、ファイルしたりが

好きな作業です♪

 

パート先では、退職日に向かって、日々の業務を淡々とこなしています。

だんだんと、私が辞める事が伝わっていき。

突然の引越しand辞める宣言で、動揺していた

パートの先輩達も、状況を受け入れてくださっています。

 

退職の意をお伝えした当初。

引越し先から通うことはできないかと、

お店からの交渉がありました。

(交通費支給、時給はそのままです…)

 

そう言って下さるのは、有難いと思う反面。

「パート主婦」の立場として、通勤時間を今よりも12倍かけて通う意味とは?

と、笑えてくる気持ち。

それでも少しの期間悩むという、真面目なわたし(笑)

 

冷静に考えると、おかしな世の中です。

 

パート主婦の先輩達は、この交渉話を聞いて

私よりも怒っていました。

ふざけた会社だと‥。主婦をなめてると(笑)

 

主婦という立場は、そのご家庭それぞれにやる事が違うと思います。

私の状況でいうと、夫婦2人暮らし+月の半分

くらい夫が出張という緩い生活ですが。

一般的には、そこに子育てがあったり、

同居している子供のお弁当を作ったり、生活を支えたりと、忙しさがあります。

 

これは、見えない家事という、見えない仕事。

 

そこのバランスを保ちつつ、パートで働いているという現実。

会社に対して、全ての時間を捧げるわけにはいきません(笑)

 

その辺は、スーパーで働く社員さん達には

想像できないのかもしれません。

 

人手不足になって、利益が落ちたら困るのでしょう。

 

どちらの主張も、それぞれ大切です。

 

私はそんな世の中のバランスをみて、

自分が何を優先するか考え、辞めることを

決めました。

 

いつの間にか慣れた仕事。

人間関係のゴタゴタさえも、ネタにして面白いと

思えるようになり。

なんだかんだ、優しい人達に囲まれたパート先でした。

 

しかし、

辞めると決めたことに、後悔はありません!

 

新しい生活に、第一歩を踏み出していきたいと

思います(^^)

 

今日もお読みいただきありがとうございます♪

 

 

引越しに向けて感じること

f:id:masaratea:20220511161410j:image

今日はパートお休みです。

 

引越しに向けて、色々な物が必要になるので、

毎日夫婦で奮闘しております。

 

賃貸アパートには、色々な設備が備わっているので、引っ越し前はここまで大変ではなかったです。

戸建てに住むということは、色々なことを調べて決めてく作業が多く‥

例えば、カーテンなども、レールから決めることになるので驚く。

自分で設置する?それとも業者に頼む?

値段は?どこで買う?どんなものにする?

 

2人でてんてこまいです(^^;;

 

そんな状況も楽しみつつ、本当に今回の引越しでは偶然が重なることが多く、奇跡的なタイミングみたいなものを感じます。

 

見えない流れ、大きく進もうとする力、

そこに応援してくれる身近な人からの力、

凄い体験を毎日しています。

 

同じところで、同じ仕事をして、コンパクトに

毎日楽しく生きる。

 

大好きなことだったけれど、そこから大きく一歩

世界を広げてみる。

大きなチャレンジを、見えない力に助けてもらっています。

 

今までコツコツやってきたことも大切だけれど、

違う可能性を試してみたい。

 

なんだか、ざっくりとしたイメージだけれども、

大きく進もう!と内側からの声が聞こえてきます。

 

しかし、今日は日々の疲れが出てきたので、

突き進む!!というより、ペースダウンで過ごしています(^^;;

 

早めに寝たいと思います。

 

パート先のことも書きたいけれど‥

余力のある時にします。

 

今日もお読みいただきありがとうございます♪

 

大きな流れに乗ってみる

f:id:masaratea:20220507111413j:image

今日はパートお休みです。

 

4月の末に、次の住まいを探し続けて2年になる

夫から。

「すごいお洒落な家を今日見てきたんだ!絶対に気にいると思う!!」と言われ。

 

一緒に見に行きました。

 

マンションも見学して・・

masaratea.hatenablog.com

 

駐車場の件が気になり、

引っ越さないという選択をしたのだけれど。

 

新築の戸建てを見に行く2人。

 

中を見て一目ぼれ(°▽°)

環境は今より自然多めで、買い物も不便ではなさそう。

駐車場の問題も、戸建なら今のアパートと同じくらい便利な位置関係。

(玄関開けたらすぐ車という距離)

 

コンパクトにミニマムに物事を考えてきた私にとって、ガラッと別世界が広がる!

 

今の時代に、ローンを組んで大丈夫なのか?!

などなど、現実的な不安もあったのですが。

 

私と同じ慎重派な夫が、動こうとしている。

お互い40歳になって、まだ元気なうちにという思いもあり。

 

20歳からコツコツ働いてきて、ようやく夫は給料が上がってきたタイミング。

次に何か楽しみを見つけるのも良いのではないかと思えてきました。

 

リスクは取るけれども、何かを進めるには何かを

犠牲にする面も出てくる。

 

こういう暮らしがしたい!!

と思ったのも、タイミング。

 

今のご時世とか、日本の未来とか、

色々考えすぎても、何もできなくなってしまう。

(私はどちらかというとこのタイプで、守りが固めです‥)

今回は、夫の勢いに、乗っかってみることにしました(°▽°)

 

この物件下見から、購入申し込みをして、戸建に引っ越しが決まる!!

 

そこで。。

私にとっての引っ越しとは、大きな変化です!

今のパート先を辞めることになるから!!

これはもう急展開(O_O)

 

パート辞めたいだの、続けてみるだの、

色々と考えてきたこのブログ。

 

どうなっていくのか。

 

この大きな変化を楽しみながら、

パート先の出来事をもう少し綴っていきたいと思います♪

 

今日もお読みいただきありがとうございます♪

パート先の時給とは

f:id:masaratea:20220503112919j:image

今日はパートお休みです。

 

私が働いてるパート先のスーパーで起きていること。

 

人数は何とかギリギリ?で配置されているようです。辞める人がいても、ずーっと新しい人が入ってこない状態ではなく、新しい人が面接に来られている。

 

有給については、パートさん達はここ数年の世の中の流れにより、1年に5回〜7回は取れるようになり。

ギリギリ人数でシフト制なので、自由に好きな

時に取れるわけではないですが‥。

あらかじめ決められた休みの日の中で、

有給として書類を提出して、お金を頂くという

感覚。

3年くらい前までは、有給取得という制度そのものが利用されていなかったので、これはかなりの進歩です!

 

そのような労働環境の中、何か問題を挙げると

するならば。

 

長く働いている人(60代後半の方たち)と、

新しく入った人達の時給が同じだということ。

 

これについては、長く働いている人達から

文句がチラチラ聞こえてきます(^^;;

 

そこで!!人間関係の中で何が起きるかというと。

 

仕事の押し付けが始まります(°▽°)

特に、人は歳を重ねてくると新しいことをやることに抵抗が生まれる。

細かい作業は、面倒に感じてしまう。

人より楽をしたいと思ってしまう。

(自分は得をしたい!!)

 

得意不得意は人それぞれなので、何ともいえません。私もたくさん苦手なことがあります(^^;;

 

でも正直、この仕事の押し付け合いってもう古いと思いまして(笑)

昭和の悪習慣で、長く働いている人が権限を持つみたいな(°▽°)

 

誰かに、その仕事のシワ寄せが来ます。

気の弱い人?断れない人?

 

人間同士なので、フォローし合って支え合って

そこの仕事が上手く回っているとも言えますが、

本当に誰もが不満なく回っているのでしょうか。

 

このような問題が生じるのなら、本当にもっと

機械化されるのが良い方法かとも思います。

 

私も含めてですが、生活していくのにお金が必要なので、仕事があるのは有難いのですが‥。

 

客観的な仕事量をこなす能力に見合ったお給料というシステムは、人間関係を円滑にするためにも

必要なのかと。

 

いや、それはそれで時給が高い人に仕事押し付け

ていく動きが出てしまうのかな(^^;;

(これに関しては、医療の仕事で経験済みです。)

 

労働に見合った時給とは?

 

では、誰が評価するのか?

 

私の中で、新たに疑問が浮かんできます。

 

今日はここまで(°▽°)

 

今日もお読みいただきありがとうございます♪

 

樹里ちゃん、ご機嫌ナナメ?

f:id:masaratea:20220426090839j:image

今日はパートお休みです。

 

実家に行った日のこと。

 

3月より、姉がパートを始めたことで、週1回しか実家に行けなくなり。

母がボケないようにと(勝手な娘の気持ちです・・・)、

私が週1回は行くようにしました。

 

母のためと思って行ってるのですが、私が苦戦しているのが

老犬の樹里ちゃんの世話(^^;)

 

樹里(じゅり)ちゃんも、母と同じ高齢です。

昔よりも、いつのまにか言う事をきいてくれません。

頑固です(^^;)

 

そんな樹里ちゃんは、心臓が弱いので、お薬を飲んでいます。

体調も日によって違うみたいで、先週の真夏日の日は、バテてしまい、あまり食べなかったとのこと。

 

人間だって、この気温差は体にこたえるので、犬も同じですよね。。。

f:id:masaratea:20220426090912j:image

 

そんな樹里ちゃん。

 

今回は、散歩中に何回かトイレを済ませて、

草や土の匂いを嗅いで、楽しんでいるかな?

と思ったのですが。

なんとなく、心がここに無い感じ(o_o)

 

嫌な予感‥

 

そうです。

樹里ちゃんは、散歩の後の美味しい餌を食べたいのです!!

散歩→餌ではなく、餌のための散歩!!

この散歩を終わらせたら、あの餌を食ってやる〜!!早く食わせろ〜の目でした。

 

その目に気づき(私の勝手な妄想ですが)、

家に帰ると、入り口の台からもう家の中に入りたいモード炸裂です!

足を洗うのは、もう母にお任せしました(^^;;

 

母は樹里ちゃんのご機嫌取りが上手いです。

毎日一緒に暮らしてるので、当たり前か‥

以前は、母と樹里ちゃんが喧嘩することもしばしばあったのですが、最近は樹里ちゃん歳をとったので喧嘩までは至らず(笑)

 

※犬と喧嘩?? いや、本当にあるんです‼︎

 

樹里ちゃんのご機嫌を察知したので、今回は

このような事にはなりませんでした(^^)

 

masaratea.hatenablog.com

 

散歩後の足拭きは、次回からも母におまかせすることにします♪

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました♪

 

 

マンションに引っ越すのか?!

f:id:masaratea:20220415200951j:image

今日はパートお休みです。

 

つい先日のこと。

2年くらいずっと物件探しをしてくれている夫

より、

「新しくできたマンションのモデルルームの説明聞きにいかない?」

と誘われました。

 

私の今後の人生イメージとしては。

ずっと賃貸に住み続ける、又は安い中古戸建

(平屋がいい!)にいつか住む

だったのでビックリΣ(・□・;)

 

今のアパートよりも、もう1部屋くらい広くても良いかなあ?という程度で、そこまで持ち家に

興味がありません。

 

コンパクトに快適に暮らせればOKなので、

壮大な欲望なし(笑)

 

夫が張り切っているので、しぶしぶ一緒に行くことに。

 

新築マンションっていくらするの????

月々の家賃支払いと、初期費用はどんな感じよ??

 

と、新しい世界に不安と期待を抱く。

 

色々と説明をきいて、モデルルームで目が飛び出ました( ´艸`)

それは、まるでホテルのような空間だったのです。

 

こんな素敵なところに、住むの?ほんと?

 

購入するつもりで行ったわけではないのに、

気持ちはほぼ購入したいに固まる(笑)

40代になり、これが最後のタイミング!

という、囁きが聞こえてくる。

夫も、頑張れば10年は確実に今の仕事で払う

ことが出来るという。

その後は、考えよう!みたいなノリに。

私ももう引っ越しのことで頭がいっぱいに浮かれる(^^;)

 

そして後日。

ローンの審査とかで、電話のやりとりが行われる。

審査結果はまだ先なのですが。

 

この見学の日から、数日経つと、気持ちが冷静になり‥。

お互いの意見が一致する。

 

「私たちに広い家はいらないね。」

と現実的な意見を交わす2人(笑)

 

お互い山羊座なので、超超超!現実的です。

 

夫はどうしても駐車場の件が気になったらしく。

今より不便になるのに、今よりも多額の家賃を払う理由が見つけられないとのことでした(^^;)

 

私は無理のない生活がしたいの一択。

 

人によって価値観はそれぞれです。

 

親からみたら、あなたたちはいつまで賃貸なの?家はどうするの?

とよく心配されるのですが(^^;)

 

時代は変化しています。

 

この先、どうなるかわかりませんが。

夫が出張から帰ってきたら、不動産屋に行って、今回の件はなしという

お話をする予定です。

 

新しい素敵なマンションに、妄想で引っ越ししたので私はもう満足です(笑)

 

今日もお読みいただきありがとうございました♪

カフェでの読書にて

f:id:masaratea:20220415164736j:image

今日はパートお休みです。

 

朝から小雨が降り続いていますが、夫が出張中の

2連休なので、今日は自分の好きなことをする日!

と決めていました(°▽°)

 

朝から、歩いて大好きな図書館に行き、

本を3冊借りました。(心地良い重み(^^♪)

カフェでカフェオレ飲みながら、読書の時間♪

至福の時間です。

 

そのカフェでのこと。

 

隣に座っているご夫婦が。

お金のことや、生活態度のことで揉めていました・・・。

聞きたくなくても、内容が丸聞こえ(°▽°)

奥様が、かなり怒っています。

 

本に集中していても、文句が聞こえてきます。

 

今までの私だと、たったこれだけのことで

今日は最悪だぁ‥休みの日なのになんで?!

と思ったり、休みの日に人の愚痴なんて聞きたくない!

と、席を変えたりしていました。

 

愚痴を発している人に近づきたくない!

自分は愚痴を言う人ではない!(少なくとも今の状況は。)

 

と区別をしていました。

 

ただ単純に嫌だったら席を変えればOKだし、

何が正解ではないけれど。

 

良い空間、悪い空間とか決めるのは違う気がして。

どんな場所でも、今日は良い日だと思えたので、強い心でその席にとどまってみました。

本を読む。集中する。

愚痴が聞こえてきても、イライラせずに微笑む。

私もそういう気持ちが時々あるよ!なんて、思いながら(´∀`)

 

なんでこうしたかというと、本の内容がまさに!

だったのです。

 

「外界に存在していると思っているすべてのものが、私を包むイメージとして

見えてくるし、それらすべてがじつは私なのではないかと思えてくる。」

「なかなか自分の意のままに動いてくれない友人、意見を押し付けてくる上司、

しがらみと思えてくる家族。それらは他者ではなく、すべて私をつくりあげているのではないだろうか。」

「自分のことを考えることはすなわち他人のことであり、他人のことを考えるのは

すなわち自分のこととなる。」

河合隼雄 ユング心理学の展開 序説より

 

隣からご夫婦の愚痴を聞きながら、この本を楽しく読むというシチュエーション(笑)

そして、カフェのBGMはおしゃれなジャズ。

なんとも、カオスな状況です( ゚Д゚)

 

もしかしたら、自分も同じように不満を溜めているのでは?

夫に不満を言う自分を見ないように蓋をしている部分はないか?

など、本の内容のように自分について考えてみました。

 

これだ!という、答えは出ませんでしたが(笑)

 

そのうち、奥様の愚痴は収まって、穏やかな空気になっておりました。

 

今日も色々と自分を観察したり、実験的な行動をして楽しかったです(*^^*)

 

今日もお読みいただきありがとうございました♪