毎日を少しずつ良くする

40歳からの生き方を考えるブログです

1人暮らしの高齢母と洗濯機の水漏れ事件①

f:id:masaratea:20220316100423j:image

今日はパートお休みです。

 

DIYが趣味だった父が亡くなってから、3年経ち、母は実家で1人で暮らしております。

 

先月のこと。

実家にて、洗濯機の下が水でビショビショになる事件があり。

 

洗濯機の故障を疑い、新しく購入

     ↓

配送スタッフの下見にて、水道管からの水漏れ原因が発覚

     ↓

水道管の修理屋さんに来てもらい、修理してもらう

     ↓

新しく買った洗濯機は返品する(そもそも、大きすぎて設置不可だった)

 

という経過でした。↑色々と突っ込みどころがあるんですが(^^;)

 

私の感想としては、自宅のサイズを測る前に8万の洗濯機買うかぁぁ??

と言いたかったのですが、こらえました(笑)

水漏れがあって、母が慌てて姉に相談し、急いで買いに行ったと思われるからです。

測らないで買うのが、2人らしい(^^;)

 

配送スタッフが来てくれて日は、私が一緒に立ち会ったのですが、

「ああ。。。、これは、新しい洗濯機が水道管にぶつかる高さなので、前に出さないと

設置無理ですね。水漏れ?もしかしたら水道管からの可能性あります。」

と言われたときは、ズッコケそうになりました(^^;)

 

そうです。

よくよく見ると、父が工事した水道管の接続部が錆びてゆるんでいますΣ(・□・;)

工事したのは、10年以上?いや、もっと前かもしれません。

 

家の水回りや、電気関係の工事などほとんどの

ことは、父が全部やっていました。

母や娘の私達は、同じようには出来ないので、

今回のようなトラブルの原因には気づけません(^^;;

ましてや、1人暮らしの高齢母が、冷静に原因をつきとめるのは難しい。

 

私も母も、配送スタッフに色々と教えてもらい、勉強になりましたし、感謝でした。

 

配送スタッフの方とのやり取りが終わったのが、夕方5時過ぎ。

 

高齢母は、いつもなら夕飯を食べたり、お風呂を済ませているような時間(^^;)

知らない人と、たくさん会話をしたり、説明を

受けたりで、疲れたのでしょう。

目がショボショボになっていました。

私も、自宅まで電車で1時間半。

帰って夫と夕飯を食べる時間もあるため、

終わったらすぐ帰りました。

 

次なる仕事は、水道の修理屋さん検索と費用のリサーチです。

 

このトラブル時期に、姉はパートを始めたばかりなので、頼るわけにはいかない!

私がこの事件を解決せねば!!!

帰りの電車で、使命感に燃えたのでした。

 

ちょっと長くなるので、②に続きます(*^^*)

 

今日もお読みいただきありがとうございました♪