毎日を少しずつ良くする

40歳からの生き方を考えるブログです

丁寧に退職をしてきました

f:id:masaratea:20220612072927j:image

先日のこと。

 

ついに、パートを退職しました。

今日はお休みです(笑)

 

最終日は、何十年と働いている先輩パートさんに、

作業場で深々とお礼のお辞儀をしました。

 

あと2年で定年退職となる先輩、もう20年?

もっとかな?

同じ部署で働いています。

 

尊敬と感謝の気持ちが湧いてきて。

お辞儀をしたときに、感極まってウルウルしてしまいまいた。

先輩の声も、震えていたように聞こえました。

 

お互いの状況を理解して、別れがくるのは仕方ないことと理解しつつも、

同じ空間でもう働くことはないという寂さ。。。

 

言葉の裏にある感情を、お互い感じ取った感覚でした。

 

その後、職場の上司、店長さん、事務所のスタッフの方にお礼を述べました。

 

4月末に引っ越しする物件に申し込み、5月の

頭にはほぼ決定したので退職の意をお伝えし、

6月上旬に退職という流れに。

状況と感情が追い付いていかず、上司もやや寂しさを感じているようでした。

その空気感を吹っ切るかのように、上司には感謝の思いをつらつら

述べさせて頂きました。

文章にはまとまりがなく、内容は伝わったかどうか?という感じですが(笑)

 

事務所のスタッフさんは、時々しか接点がないのですが。

今回の退職について、とても重く受け止めてくださっているようで、

私よりも涙目になり、寂しさを表現してくださいました。

 

世の中の出来事としてみると、「たかがスーパーのパートを辞める話」

であるかと思います。

私からすると「明るい未来に一歩進むために、

パート辞めます」

自分にとっては楽になる部分もあり、でも寂しさもあり。

新しい場所で再出発だ!という前向きな気持ち。

お店にとっては、「若いスッタフ(戦力)が辞めてしまった・・」

というのが強いのでしょうか。

 

自分の能力を決して評価しているわけではないのですが、お店の従業員のなかで、40歳は年齢はかなり若い立ち位置。

 

そして、他部署のスタッフから、

「エースだったんでしょう??」と言われ(^^;)

私がエース???裏ではそんな話になっているのか?!と驚き。

 

5年間コツコツ耐えながら、サクサク業務をこなしてきたので、そう思われたのでしょう。

 

他人から見た自分。

自分視点では、なかなか見えない側面で、おもしろい。

 

退職の日は、色々な方達の思いを(こうなんじゃないか?という勝手な想像も含め)

見ることができました。

 

事実とは違う側面があるかもしれませんが。

 

感謝の気持ちで退職をすることができ、今は気持ちが穏やかです(^^♪

 

パート先の出来事ブログを読んでくださった

皆様、ありがとうございました。

 

あっ、このブログはまだ続けます(笑)

 

今日もお読みいただきありがとうございました♬