毎日を少しずつ良くする

40歳からの生き方を考えるブログです

家事に心を込めて

f:id:masaratea:20220722104158j:image

今朝ゴミ出しを終えた直後、ザザーッと雨が降ってきました。空が暗い雲に覆われていたので、

なんとなく降ることを察知。

朝ごはんを食べずに、もくもくと家中のゴミ集め。その勢いで外に飛び出し。

雨に濡れずに大成功!!!自分に乾杯(^^)

 

今は、雷&雨で外がざわついています・・。

 

引っ越してきてから。

毎日の仕事は、家事になりました(^^)

 

次のパート探ししなきゃ!と思っていたのですが、今までの経験上、こうやって焦って探すと

ろくなことがない。。。

また同じパターンを繰り返すの??

 

「果報は寝て待て」の言葉を胸に、目の前のことに努力をして

取り組もう!!と思い今は暮らしています。

 

目の前のやるべきこと。

それが「家事」です。

掃除、洗濯、整理整頓、炊事などなど。

 

家事は毎日のことであり、自分のためにやる

最低限の行動だと今までは思ってやってました。

自分が疲れているときは、なんでわたしがコレをやらなきゃいけないの?とか、夫は疲れていても何もやらなくて良いなんて、誰が決めたの?

とか、イライラして取り組んでいました(^^;)

 

今は心を込めて集中して取り組んでいるので、

夫に対して不満もなく、快く取り組めています。

 

元々、掃除することは好きです。

 

しかし、毎日の自分の役割として取り組むと、

また違った好きが見えてくる感じです。

 

家の中で過ごすことも、引っ越してきてから心地良くなり、これも夫のお陰だと思います。

 

だからこそ、今の私に出来るのは

「次なるパート探し」ではなく

「家事をやること」

 

外でお金を稼ぐのは、夫におまかせしよう♬

そんな風に思って、私は家に集中しています。

 

そんなの当たり前でしょ?と思う方もいるかもしれません。

昭和の時代はこのスタイルが多く、逆に今は、え?!共働きじゃないの?と異質な感じかもしれません。

 

ですが、これも人それぞれなんだろうな~と

何となく理解しました。

 

共働きでいる必要は本当にあるのか?

夫婦で毎日笑顔で過ごせるには、どういうスタイルが合っているのか?

自分の得意なことはなんなのか?

自分がどう過ごしたいのか、どう過ごしたら周りの人に喜んでもらえるか?

 

など、問いかけて暮らしてみたところ。

 

今はこれがベストスタイルです(^^♪

 

20代の頃から過酷な労働をこなしてきて。

ずっとそれを続けなければいけない、

バリバリ働くことが周りを幸せにする、

みんな喜んでくれると、どこかで同じ価値観を

持ち続けていました(^^;)

女性らしく~、家庭を守るように~とは、

親には教わりませんでしたもの(笑)

どちらかというと、男性のように育てられた。

おかげで、逞しくなれた(笑)

 

長くなりました(*^^*)

もう、外はすっかり晴れています!

 

今日もお読みいただきありがとうございます♬