毎日を少しずつ良くする

働くとは何か?パートしながら考えるブログです

生きてるはまぐりさん

f:id:masaratea:20210304151050j:image

今日はパートでした。

 

朝から身体が冷え冷えです。

お昼ご飯を食べても、足がカチカチに冷えています。

 

パート先のスーパーでは、

ひな祭りというイベントが終わりました。

 

大量に売られるはまぐり。

毎年、大量に売れ残るので捨てているイメージです。商品として作っては捨てるを繰り返して‥いつも切ない気持ちになってました。

 

今日も少し売れ残っていました。

 

おや?

つんつん触ったら、まだ生きていました。

 

はるばると遠い海からやってきて、パックされて売られて、残ったら捨てられてしまう。

 

他の食材(命)も同じですね。

 

この問題、どうにかならないものなのか。

 

売れる数だけ仕入れることが可能であれば

解決するのだろうか。

 

例えば、お店で〇〇個しか仕入れないので

売り切れたらごめんなさい‥的なスタイルにしたら、消費行動も変わるのだろうか。

(それでも余ったら廃棄になるか〜、ん〜。)

 

お店とお店、お客さんとお店側でいつまで

競争するのだろうか?

 

足りないくらいがちょうど良い

 

この感覚が広まったら‥

お店に行って売り切れていても仕方ないと思える。

お客さんが来てくれたのに商品がないけどごめんなさいと思える。

 

そんな気持ちになれるのだろうか?

 

今日もお読みいただきありがとうございます♪