毎日を少しずつ良くする

パートしながら考えたことを書き留めるブログです

パート辞めると宣言した時のこと

f:id:masaratea:20220517192720j:image

今日はパートお休みです。

 

引越しに向けて、色々な準備でバタバタしている

ここ2、3週間。

行動して決まったこと(物の購入など)、

これから決めて行くこと、実行する日時など、

夫婦で頭の中がごちゃごちゃにならないように、

ノートにまとめています。

 

会話や記憶だけだと、何か抜け落ちるような気がして(^^;;

ノートにまとめたり、ファイルしたりが

好きな作業です♪

 

パート先では、退職日に向かって、日々の業務を淡々とこなしています。

だんだんと、私が辞める事が伝わっていき。

突然の引越しand辞める宣言で、動揺していた

パートの先輩達も、状況を受け入れてくださっています。

 

退職の意をお伝えした当初。

引越し先から通うことはできないかと、

お店からの交渉がありました。

(交通費支給、時給はそのままです…)

 

そう言って下さるのは、有難いと思う反面。

「パート主婦」の立場として、通勤時間を今よりも12倍かけて通う意味とは?

と、笑えてくる気持ち。

それでも少しの期間悩むという、真面目なわたし(笑)

 

冷静に考えると、おかしな世の中です。

 

パート主婦の先輩達は、この交渉話を聞いて

私よりも怒っていました。

ふざけた会社だと‥。主婦をなめてると(笑)

 

主婦という立場は、そのご家庭それぞれにやる事が違うと思います。

私の状況でいうと、夫婦2人暮らし+月の半分

くらい夫が出張という緩い生活ですが。

一般的には、そこに子育てがあったり、

同居している子供のお弁当を作ったり、生活を支えたりと、忙しさがあります。

 

これは、見えない家事という、見えない仕事。

 

そこのバランスを保ちつつ、パートで働いているという現実。

会社に対して、全ての時間を捧げるわけにはいきません(笑)

 

その辺は、スーパーで働く社員さん達には

想像できないのかもしれません。

 

人手不足になって、利益が落ちたら困るのでしょう。

 

どちらの主張も、それぞれ大切です。

 

私はそんな世の中のバランスをみて、

自分が何を優先するか考え、辞めることを

決めました。

 

いつの間にか慣れた仕事。

人間関係のゴタゴタさえも、ネタにして面白いと

思えるようになり。

なんだかんだ、優しい人達に囲まれたパート先でした。

 

しかし、

辞めると決めたことに、後悔はありません!

 

新しい生活に、第一歩を踏み出していきたいと

思います(^^)

 

今日もお読みいただきありがとうございます♪