毎日を少しずつ良くする

40歳からの生き方を考えるブログです

カフェでの読書にて

f:id:masaratea:20220415164736j:image

今日はパートお休みです。

 

朝から小雨が降り続いていますが、夫が出張中の

2連休なので、今日は自分の好きなことをする日!

と決めていました(°▽°)

 

朝から、歩いて大好きな図書館に行き、

本を3冊借りました。(心地良い重み(^^♪)

カフェでカフェオレ飲みながら、読書の時間♪

至福の時間です。

 

そのカフェでのこと。

 

隣に座っているご夫婦が。

お金のことや、生活態度のことで揉めていました・・・。

聞きたくなくても、内容が丸聞こえ(°▽°)

奥様が、かなり怒っています。

 

本に集中していても、文句が聞こえてきます。

 

今までの私だと、たったこれだけのことで

今日は最悪だぁ‥休みの日なのになんで?!

と思ったり、休みの日に人の愚痴なんて聞きたくない!

と、席を変えたりしていました。

 

愚痴を発している人に近づきたくない!

自分は愚痴を言う人ではない!(少なくとも今の状況は。)

 

と区別をしていました。

 

ただ単純に嫌だったら席を変えればOKだし、

何が正解ではないけれど。

 

良い空間、悪い空間とか決めるのは違う気がして。

どんな場所でも、今日は良い日だと思えたので、強い心でその席にとどまってみました。

本を読む。集中する。

愚痴が聞こえてきても、イライラせずに微笑む。

私もそういう気持ちが時々あるよ!なんて、思いながら(´∀`)

 

なんでこうしたかというと、本の内容がまさに!

だったのです。

 

「外界に存在していると思っているすべてのものが、私を包むイメージとして

見えてくるし、それらすべてがじつは私なのではないかと思えてくる。」

「なかなか自分の意のままに動いてくれない友人、意見を押し付けてくる上司、

しがらみと思えてくる家族。それらは他者ではなく、すべて私をつくりあげているのではないだろうか。」

「自分のことを考えることはすなわち他人のことであり、他人のことを考えるのは

すなわち自分のこととなる。」

河合隼雄 ユング心理学の展開 序説より

 

隣からご夫婦の愚痴を聞きながら、この本を楽しく読むというシチュエーション(笑)

そして、カフェのBGMはおしゃれなジャズ。

なんとも、カオスな状況です( ゚Д゚)

 

もしかしたら、自分も同じように不満を溜めているのでは?

夫に不満を言う自分を見ないように蓋をしている部分はないか?

など、本の内容のように自分について考えてみました。

 

これだ!という、答えは出ませんでしたが(笑)

 

そのうち、奥様の愚痴は収まって、穏やかな空気になっておりました。

 

今日も色々と自分を観察したり、実験的な行動をして楽しかったです(*^^*)

 

今日もお読みいただきありがとうございました♪